毛髪 頭皮のケアで、薄毛 ハゲ 抜け毛 脱毛対策。育毛発毛 シャンプーの最新情報をご案内。

飲酒(アルコール)と抜け毛との関係

お酒は、昔から『酒は百薬の長』と言われてきました。
古代エジプトあたりでは、現在のビールの先祖のようなお酒が、
栄養剤的な飲まれ方をしていたとも聞きますし、現代においても
「毎日の晩酌が健康の秘訣」とおっしゃるご長寿の方もおられます。
 
アルコールは、身体の血流を活発化させる働きがありますし、
気持ちをリラックスさせ、ストレスの解消にも効果があると思い
ます。健康上もしくは頭皮・毛髪に対して、タバコほど害ををも
たらす存在ではないようです。
 
しかしそれは、適量である事が前提です。
 
適量とはどのくらいか、それは個人差があるとは思いますが、
血流を良くするアルコールの摂取も、ある一定量を超えると、
逆にマイナス効果、血管を収縮させてしまい、自律神経系統の働き
によって血液循環、血流が悪くなるそうなのです。
 
血流が悪くなると、頭皮や毛髪に酸素をはじめとした栄養分が行き
渡りにくくなり、抜け毛を発生させる可能性があるのです。
 
また大量に飲酒すると、摂取したアルコール成分を分解処理しよう
と、肝臓がフル回転で活動を始めます。この時に大量のアミノ酸を
消費してしまう為、身体に栄養不足が発生し、ひいては頭皮や毛髪
部にも悪い影響を与える、すなわち抜け毛の要因となる可能性があ
るそうです。
 
身体のメカニズムにおける処理能力は、個人差がありますので、
このくらいの飲酒なら大丈夫、と明確な数値化は出来ません。
ですので、それぞれが自分にとっての「適量」を把握しておいた方
が良いのかなと思います。たとえば、フラフラと千鳥足になるまで
の飲酒や、記憶が飛ぶほどの飲酒は、明らかに適量を超えています
よね(笑)。
 
ちなみに、飲酒時に食べる料理についても気をつけた方がベターだ
と思います。




育毛・発毛ノウハウ、マニュアルについて   育毛・発毛ノウハウ、マニュアル   育毛・発毛料 国内   育毛・発毛料 国外   当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。



Copyright © 2006-2012 薄毛対策!育毛発毛WEB All Rights Reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。