毛髪 頭皮のケアで、薄毛 ハゲ 抜け毛 脱毛対策。育毛発毛 シャンプーの最新情報をご案内。

シャンプー剤の種類はなぜ多い?

シャンプー剤の主成分は、洗浄剤(界面活性剤:乳化剤)です。
 
それに、保湿剤、増粘剤、増泡剤、溶解補助剤、
コンディショニング剤(シリコーンポリマーなど)、
金属封鎖剤、pH調整剤、防腐剤などが配合されます。
 
特殊成分としてフケ取り剤、消炎剤、香料
などが加えられることがあります。
 
それぞれ専門の素材を加えず、
他の成分でその機能を満たすことも良く行なわれます。
同じ洗浄剤、保湿剤でも色々ありますので、
シャンプー剤の素材の組合せは無限に近くなります。
 
世の中に星の数ほどシャンプー剤があるのはこのためです。
 
これだけ多くの素材を使いますので素材の選び方によって
低刺激性、使用感、環境への影響などに大きな差が出ます。
 
 
 
あんだんて社HP( あんだんてシャンプー)より。
 


シャンプーと乳化作用(界面活性剤)

抜け毛や脱毛を引き起こす大きな要因として、
頭皮の『皮脂』との因果関係が指摘されています。
皮脂が酸化して毛穴を詰まらせてしまうそうなのです。
そして汚れが溜まり、毛髪・毛根にとって更に良からぬ状態になる・・・
 
男性の方が女性よりも分泌量が多い傾向があるそうです。
男性ホルモンや皮脂腺の数が関係しているのでしょうね。
ちなみに私は、ちょっと多目かもしれません。
 
そこで、シャンプーは欠かせないものになります。
毎日一度は、きっちりと皮脂や汚れを洗い流したいものです。
 
ところで、洗髪時に頭皮を指の腹でやさしくマッサージすると、
ヌルっとした皮脂の感触が分かります。
そしてこのヌルヌル感は、洗ってもなかなか消えてくれません。
つまり、頭皮の皮脂や汚れは落ちにくいと言う事です。
皮脂は酸化すると粘着力がパワーアップして、ますます落ちません。
毛髪の汚れは、水(お湯)洗いのみでかなり落ちるのですが。
 
余分な皮脂…毛穴に詰まった皮脂を、どれだけ洗い落とせるか。
それがシャンプー剤を選ぶ際の、一つの大切なポイントなるのですが、
一般的なシャンプー剤には、『乳化剤の成分』が入っているそうです。


洗浄剤(界面活性剤:乳化剤)

「乳化」とは、簡単に理解すると、二つの異なった物質を混合させ、
安定させる事です。たとえば、水と皮脂とは性質の異なるモノ同士な
ので混ざり合えない。すなわち皮脂の汚れは落ちにくい。
だから、シャンプー剤に乳化成分を含有させる事によって、
水と皮脂とを乳化させ、頭皮から洗い流すという事のようなのです。
 
研究や技術の革新が進み、シャンプー剤ごとに、様々な乳化作用を持つ
成分が開発され使用されているそうです。その作用レベルも色々だそう
です。

皮脂や汚れがスッキリ落とせるのは、想像するだけでも気持ち良さそう
です。しかし皮脂を落とし過ぎると、フケやかゆみなど、新たな頭皮の
トラブルの原因にもなりかねないです。何事も適度が肝要。洗い過ぎに
はご注意を。
 
シャンプー剤って科学的なんですね。私は、実は科学音痴なのですが、
考えてみると、食器洗い専用の洗剤などの洗浄のメカニズムと共通点が
あるように思えます。どちらも余分な物質・汚れを落とす「洗剤」には
変わりが無い訳ですよね。
 
でも、シャンプー剤は人体を直接洗う洗剤です。これは極めてデリケー
トな問題です。乳化作用により皮脂や汚れがキレイに落ちるのは嬉しい
のですが、どんな成分なのか等にも留意して、出来るだけ人体に優しい
安全な、そして自分に合ったシャンプー剤を選びたいものです。
 
 
※下記のサイト様を参考にさせて頂きました。
http://www.helsinkiformula.co.jp/index.html
 


合成界面活性剤を使用していないシャンプー
アランジュショップ




 


育毛・発毛ノウハウ、マニュアルについて   育毛・発毛ノウハウ、マニュアル   育毛・発毛料 国内   育毛・発毛料 国外   当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。



Copyright © 2006-2012 薄毛対策!育毛発毛WEB All Rights Reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。