毛髪 頭皮のケアで、薄毛 ハゲ 抜け毛 脱毛対策。育毛発毛 シャンプーの最新情報をご案内。

ドライヤーについて

私は、洗髪後タオル等で拭いた後は、
自然乾燥させるのがもっとも理想的だと思っています。
 
ドライヤーの熱は、薄毛にとっては『脅威』ですから。(笑)
私、ドライヤーは苦手です。ふらふら

ところで以前私は、就寝する直前に入浴するのが日課となっていました。
入浴後、髪はバスタオルで拭き、クシでオールバック風になでつけると、
そのままベッドへ潜り込んでいました。
 
そうしますと、寝ている間に髪は乾燥し、
起床した時には、程良い髪型になっているという寸法です。

ものぐさ者の私は、この楽チンな『方式』を長い間続けていました。
 
  
ところがある事をきっかけに、この『方式』はよろしくないのでは?
…と思えてきたのです。

某育毛専門家の著作を読む機会があったのですが、そのなかに、
 
自然乾燥は確かに良い。しかし、長時間放置しておくのは如何なものか?
頭皮に雑菌が繁殖する可能性もありますよ。特に梅雨の時期は。

 
との趣旨の文章が気になったからです。

ざ、ざっきん。 がく〜(落胆した顔)


就寝中における自然乾燥は、風に吹かれる訳でも陽にあたる訳でもありません。
夜間の自室〜暗い密室状態〜における乾燥です。
昼間と比較して乾燥効率が著しく劣るのは明白です。
すなわち、完全に乾燥するまでの時間が長くなるのは考るまでもありません。
 
う〜ん。これはヤバイかも。そう言えば、
部屋干しの洗濯物って乾きにくいし変な匂いがする時があるものね。

などと、少々ポイントがずれた連想も巡らせつつ思案の末、
私はついに、あの「脅威のドライヤー」を使用する事を決断しました。
ドライヤーで乾かしてから就寝するように変えたのです。
その方法は、上記の専門家氏が推奨する方法を参考にしました。

洗髪後、タオルで優しく拭く。時間があれば、インドのターバンのように
頭髪に巻き、水分をタオルに吸収させるのも良いだろう。
そしてドライヤーで乾かす。ただし、60〜70%乾いたと感じたら止める。
ドライヤーは頭部から30cm以上離して使う。

 
尚、ドライヤーは、熱量・風量のパワーがあるもので、
素早くササッと乾かした方がよろしいようです。
(私は、1200Wのドライヤーを使用。)
 
 
タオルとドライヤーとで大方乾かし、後は自然乾燥させる方法です。
この方法に変えてから、もう何年も経ちますが、私の場合、別段弊害は
発生していないようです。



育毛・発毛ノウハウ、マニュアルについて   育毛・発毛ノウハウ、マニュアル   育毛・発毛料 国内   育毛・発毛料 国外   当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。



Copyright © 2006-2012 薄毛対策!育毛発毛WEB All Rights Reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。