毛髪 頭皮のケアで、薄毛 ハゲ 抜け毛 脱毛対策。育毛発毛 シャンプーの最新情報をご案内。

フケの種類

フケには「乾性」と「脂性」のタイプがあります。
 
それぞれ、原因や対策方法も異なってきます。
 
以下をご参考にして下さい。
 
 
 
乾性のフケ

乾性のフケはパラパラと落ちてくるフケのことです。
脱脂力の強いシャンプーで洗い過ぎると、
頭皮の乾燥が進んでフケ症の原因になります。
現に、使用する界面活性剤によりフケの発生速度が異なる
と言う研究報告も出されています。(*1)

毎日洗髪するのは、フケを目立たなくすることと、
フケ菌の繁殖を防ぐ点では良いことですが、
洗浄力がマイルドで保湿力のあるシャンプーを使わないと
フケを増やすこともあります。
 
*1 宮澤清ら 油化学 38 33(1989) 
 
 
 
脂性のフケ
 
男性などで皮脂の分泌の激しい方は、
皮脂を好むカビ(真菌)の一種が繁殖して
皮膚の更新のサイクルが著しく速くなります。

この場合には殺菌剤入りのシャンプーを使用するのが一般的で、
殺菌成分としてはジンクピリチオンなどが使われていました。

最近では、このようなカビ(真菌)によるフケの場合は、
その繁殖を抑える働きのある成分(硝酸コナミゾール)
配合のシャンプーも開発されています。
 
 
 
なお、フケによって分類される脱毛としては、
次の種類があります。
 
乾性のフケに起因する 粃糠性脱毛症
 
脂性のフケに起因する 脂漏性脱毛症
 
 
 
あんだんて社HP( あんだんてシャンプー) 引用・参考
 


フケの基本的メカニズム

薄毛ハゲ抜け毛脱毛にとって危険サインでもある『フケ』は、
なぜ毎日発生するのでしょうか?
 
基本的なメカニズムは、次の通りです。
 
 
 
私達の皮膚は約28日サイクルで生まれ変わっています。
 
皮膚の表皮細胞は徐々にせり上がり、やがて最も外側になった
角質層の細胞(角化細胞)がはがれてきます。
 
これは死んだ細胞で、垢(アカ)と同じことですが、
頭皮から出るものをフケと呼びます。
 
このこと自体は、からだの代謝の結果として起こる
自然な現象なので、あまり気にし過ぎてもいけません。
 
 
では、どのくらいフケがでるものなのか
考えて見ましょう。
 
 
頭皮の面積はおおよそ600平方cmで30日サイクルとすれば、
1日20平方cmが更新されていることにます。
 
フケの大きさを2mm四方と仮定すれば、
その面積は4平方mmとなり、毎日250個のフケが出る計算になります。
 
計算通りになるとは限りませんが、結構出るものですね。
 
 
シャンプーする時に頭皮をマッサージするように揉み洗いするのは
頭皮の血行をよくするだけでなく、
フケを目立たなくする効果もあると思います。
 
 
ところが、皮膚への刺激や菌の繁殖などにより、
皮膚の更新のサイクルが速くなること(亢進すると言います)こともあり、
この時にフケ症といいます。
 

 
あんだんて社HP( あんだんてシャンプー) 引用・参考
 

 


育毛・発毛ノウハウ、マニュアルについて   育毛・発毛ノウハウ、マニュアル   育毛・発毛料 国内   育毛・発毛料 国外   当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。



Copyright © 2006-2012 薄毛対策!育毛発毛WEB All Rights Reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。