毛髪 頭皮のケアで、薄毛 ハゲ 抜け毛 脱毛対策。育毛発毛 シャンプーの最新情報をご案内。

薬物による脱毛症、その発生率と管理および回避について

薬物による脱毛症、その発生率と管理および回避について   著 者: 武相荘翁

多くの薬は毛周期に干渉して、
脱毛症を起こしている可能性があります。
脱毛症を起こす薬は、主に2つの異なる機序により
成長期毛包に影響を及ぼしているものと思われます。



脱毛症を起こす一つ目の機序は、毛球で、
毛髪成長のために行われる細胞の
有糸分裂活動の停止を誘導することによって
脱毛を起こすことで(成長期脱毛)。

二つ目の機序は、毛包を
早く休止期にすることによって
脱毛を引き起こすことです(休止期脱毛)。



成長期脱毛では、
脱毛が薬剤投与の通常数日から
数週間後から起きるのに対して、
休止期脱毛において、脱毛が明らかになるのは
薬剤投与の2−4ヵ月後に明白になります。



成長期脱毛は抗悪性腫瘍薬の突出した副作用で起こります。

抗悪性腫瘍薬は毛球に損傷を与え、
毛髪成長のために行われる細胞の有糸分裂活動を阻害します。



休止期脱毛は、
インターフェロン、高脂血症治療薬、
抗凝固剤、ビタミンAなどが
原因となっている可能性があります。



薬物性の脱毛は、
薬物の使用をやめると通常元に戻ります。

薬物による脱毛症の発生と程度は、
個人個人の体質により変わります。

ごく希しか脱毛を引き起こさない薬もあれば、
大部分の患者に脱毛を引き起こす薬もあります。



多毛と多毛症も、
薬剤投与と関係している可能性があります。

多毛に関連性が深いと考えられている薬剤は、
テストステロン、danazol、コルチコトロピン(ACTH)、
メチラポン、筋肉増強剤とグルココルチコイドなどです。

多毛症は、
シクロスポリン、ミノキシジルとジアゾキシドによって
起きる副作用のうち一般的なものです。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/30246489.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
 

先天性脱毛症

先天性脱毛症   著 者: 武相荘翁



■先天性脱毛症の概念

先天性脱毛症には脱毛症のみの場合(先天性無毛症,乏毛症)と,ほかの臓器異常を伴う遺伝性症候群の一症状としての脱毛症が含まれる。なお,限局性先天性脱毛として先天性皮膚欠損症,脂腺母斑や表皮母斑などの母斑症がある。


■先天性脱毛症の頻度

先天性無毛症,乏毛症はきわめて稀である。母斑症に伴う限局性脱毛は少なくない。


■先天性脱毛症の病因・発症機序

先天性脱毛症では多くの場合,毛包脂腺系の形成不全,萎縮がある。


■先天性脱毛症の臨床症状

先天性無毛症,乏毛症では,出生時には毛髪は正常であるが,生後6カ月までに完全脱落,あるいは疎毛となる。出生時あるいは生後間もなく,何ら誘因なく脱毛が生じる。脱毛の形態によっては円形脱毛症との鑑別が必要となることもある。


■先天性脱毛症の治療方針
無毛症や乏毛症には有効な治療手段がない。皮膚欠損症や母斑症は切除・縫合する。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/28590397.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
 

 

老人性脱毛症

老人性脱毛症    著 者: 武相荘翁



老人性脱毛症とは、老化に伴って誰にでも起こる健全な変化で,壮年性脱毛症と異なり頭部全体の毛髪が粗となるのが特徴である。医学的には全く問題とされない状態である。



 老人性脱毛症とは、老化(加齢)に伴って誰にでも起こる健全な変化で,壮年性脱毛症と異なり頭部全体の毛髪が、加齢とともに徐々に薄くなってくるが特徴である。

 老人性脱毛症は男女の差に関わり無く症状が表れ、頭部全体を含む全身の体毛が薄くなる。

 成長期毛の数が減り,毛の伸びも悪く短くなり,光沢もなくなり色も淡くなり(白髪の増加),地肌が目立つ状態となるのが初発症状で,ゆっくりと進行し最終的には毛髪数も減少する。

 個人差が大で,60歳で全頭脱毛に近い状態になる人もいる一方で,80歳を過ぎても変化をみない人もいる。医学的には全く問題とされない状態である。

 壮年性脱毛症では、初期には額の拡大や頭頂部の薄毛化が目立つが、老人性脱毛が重なると全頭脱毛になることもある。

 老人性脱毛症の原因は細胞の老化により働きが低下するために起こり、その進行には個人差があるが、老化により多くの人に表れる自然な現象で、男性のケースでは男性型脱毛症と併発することが多い。


************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/28393282.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
 
 
 

アンドロゲン性脱毛症

アンドロゲン性脱毛症    著 者: 武相荘翁



アンドロゲン性脱毛症とは、
男性型脱毛症のことですが、
男性と女性の両方におきる毛髪の障害です。

男性型脱毛症の発生率は、
男性の方が女性より大きい事が知られています。



男性型脱毛症は、遺伝的素因によって起こります。

アンドロゲンの影響下に、
頭髪をつくる毛母細胞をつつんでいる毛包がおとろえ、
頭髪が徐々に細くなり、
産毛(うぶげ)のような毛しかのこらなくなります。

通常少なくとも半分の太さに毛髪は細くなります。



男性型脱毛症は、厳密な報告では、
程度の差は合っても男性の大部分と、
40歳以上の女性の50%にみられるとされています。

閉経前の女性の13%に見られますが、
ほとんどの女性では更年期の後で増加します。

65歳以上の女性の75%に見られるという報告もあります。



男性型脱毛症は、基本的には美容の問題です。

心理的に患者に影響を及ぼすこと以外に、
紫外線が頭皮にあたり、
紫外線による各種の障害を引き起こすことは重要な問題です。

男性型脱毛症の男性は、
心筋梗塞の発病率が高いと言われています。

また前立腺肥大症にも関連していると言われています。



男性型脱毛症の発生率は
白人で最も高い傾向があります。

そして、
アジア人とアフリカ系アメリカ人で2番目に高くて、
アメリカインディアンとエスキモーで最も発生率が低くなっています。



重度の男性型脱毛症の多くが30歳までに障害の徴候を示し、
ほとんどすべての患者は40歳前に発症します。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/30451282.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
 
  
 


育毛・発毛ノウハウ、マニュアルについて   育毛・発毛ノウハウ、マニュアル   育毛・発毛料 国内   育毛・発毛料 国外   当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。



Copyright © 2006-2012 薄毛対策!育毛発毛WEB All Rights Reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。